Newsletter Vol.3

国立大学附属病院 臨床研究推進会議 中国・四国地区連絡会 開催

高知医療センターでは、臨床研究審査の場として治験審査委員会と臨床研究審査委員会があります。前者は製薬会社からの依頼案件で外部委員も入っていますが、後者は臨床の現場に即した案件が主です。JCOG等がん診療に関する研究、関連大学医局からの依頼案件、保険診療で認められないが診断・治療に必要な検査や隣接する高知県立大学看護学部の学生が当センターの患者さん対象に行う研究も審査しています。臨床研究審査委員会の問題点としては、症例数、予算問題と担当医師の入力や統計処理を含む事務的作業負担増があります。多忙な臨床業務の中でこのような問題があると、自由な将来性のある臨床研究の発想は生まれません。幸いにも岡山大学が臨床研究中核病院として選ばれ、関連病院を含む「臨床研究メガホスピタル」が誕生しました。今後は具体的に体制が整備され、上記のような問題が解決され、大学、関連病院にとって、また最終的には患者さんにとって有意義な成果が生まれることを期待しています。

岡山大学病院で、第1回国立大学附属病院臨床研究推進会議 中国・四国地区連絡会が開催されました。
会の冒頭に、槇野岡山大学病院長から昨年10月5日(土)に開催した「キックオフシンポジウム」の出席者に対する謝辞がありました。続けて各議題について協議し、本連絡会は国立大学附属病院臨床研究推進会議の中国・四国地方におけるその役割を実質化すること、また、各大学の臨床研究推進に向けた取組みについて活発な意見交換があり、今後、各大学が抱える問題点を共有して解決していくこと等が確認されました。 場所:岡山大学医学部 管理棟3楷 大会議室
日時:平成25年11月28日(木) 14時~16時

愛媛県道後山の手ホテルで、第2回国立大学附属病院臨床研究推進会議 中国・四国地区連絡会が開催されました。
各大学から提案のあった協議事項について、各大学の臨床研究に関する現状と取組み内容や問題点の情報提供があり、活発な意見交換が行われると共にお互いの情報を共有する有意義な会議となりました。 場所:道後山の手ホテル4階 山の手倶楽部の間
日時:平成26年2月13日(木) 10時~13時

第2回 臨床研究中核病院連絡会 開催

岡山大学病院で、第2回臨床研究中核病院連絡会が開催されました。早期・探索的臨床試験拠点及び臨床研究中核病院合わせて14拠点の病院長やセンター長が集まり、各機関をとりまく情勢・各機関の取組状況及び課題等について情報共有を図りました。終了後に行われた情報交換会では、槇野病院長から昨年11月に福武教育文化振興財団の福武純子副理事長より寄贈を受けたJunkoFukutakeHallについて紹介があり、芸術的な建物を眺めながら和やかな雰囲気の中での貴重な意見交換の場となりました。 場所:岡山大学医学部 管理棟3楷 大会議室
日時:平成26年1月29日(水) 15時~17時

厚生労働省臨床研究中核病院整備事業サイトビジットを受審

岡山大学病院で、厚生労働省による平成25年度のサイトビジットを受審しました。厚生労働省医政局から小川雄大研究開発振興課治験推進室係長らが来院し、本院における拠点の機能強化とシーズ開発・臨床試験の進捗状況について確認、大学全体で取組む体制が整備されていることを評価され無事終了しました。 場所:岡山大学医学部 管理棟3楷 大会議室
日時:平成26年1月31日(金) 13時~16時30分

岡山大学病院で支援している研究シーズ一覧