ホーム ≫ プロフェッショナル育成プログラム

プロフェッショナル育成プログラム

基礎コース【実施:岡山理科大学と岡山大学病院(共同)】

平成20年度より岡山理科大学が実施している「メディカルテクノバレー人材育成おかやま“MTVO”」(~平成24年度:おかやま医療機器開発プロフェッショナル“OBEP”)を本プログラムにおける基礎コースと位置づけています。
本コースでは、医療機器を研究開発するにあたり必要となる一般的な医療機器・医療材料の基礎知識(原理・機能・安全性)を修得するとともに、医療倫理・医薬品医療機器等法・知的財産を学習します。
また、人工関節・透析装置・手術用ベッド等の具体例をもとに、医療機器メーカーから製品コンセプト・安全性・輸出業務についてのノウハウを学習します。

基礎コースのプログラムはこちら

育成アドバンストコース【実施:岡山大学病院】

基礎コースを修了された方(※)を対象に、技術的要件・工学的評価基準である開発ガイドラインをはじめ、実用化までのプランニングに必要となる高度な専門知識(許認可、健保収載、国際規格適合、リスク解析等)を学習するとともに、医療現場の見学や実地医師との意見交換を通じて、医療現場におけるニーズの発掘をします。

育成アドバンストコースのプログラムはこちら

プログラムの流れ

プログラムの流れ